伊藤園×ドリンク屋
本社潜入取材 第1弾「お~いお茶」後編
社内独自制度「ティーテイスター」中でも最難関の1級取得、お茶のスペシャリスト!!
マーケティング部長・志田様よりご紹介
場所:〒151-0071 東京都渋谷区本町3丁目47−10  2016年春撮影
契約農家や山地開拓などの事業において取り組んでいるのは、品質の劣化の原因となる破損が起こらない茶葉を作ることです。
ろ過が必要な切れ端などが出ないので、その後のろ過が非常に少なくて済みますし、お茶の持つ旨みや香りをしっかりと残しつつ美味しく淹れることができるのです。
ペットボトルに詰められてから時間が経っても美味しく飲めるお茶。そのための大前提として、このお茶の葉作りからこだわりぬいています。御存知の通り「伊藤園」はお茶屋ですので、社員全員がお茶のプロです。100種類を超えるお茶の葉からより適したものを選び出し、茶畑の近くに加工場を作り、素早くお茶の葉に加工する仕組みを整備し、お湯で綺麗に開く「お~いお茶」専用の「香りの茶葉(かおりのちゃよう)」が生まれたのです。
ここまで手間を掛けて、葉っぱから作っているのは間違いなく「伊藤園」だけです。

本社潜入取材 第1弾「お~いお茶」後編
Q:現在発売されている商品について、ここに注目してほしい、等のアピールポイントがあればお願いします。
【ご飯と一緒に飲む緑茶】
お茶と言ってもお茶の葉から製法まで様々な種類がありますが、色々なシーンに合わせて飲んでいただきたいと思って、それぞれのシーンをイメージした商品の開発を行っています。
伊藤園のお茶の中心といえばこの緑のラベルの「お~いお茶 緑茶」ですが、こちらに付いては食事の時に飲まれるというご回答を多く頂いています。
頂いたご意見を見てまいりますと、ご飯によく合うということで「お~いお茶 緑茶」を選ばれているとのことでした。
そこで当社の味覚センサーを使い、お茶の成分を分析した結果、「お~いお茶 緑茶」がご飯の甘みを一番引き立てるということがわかりました。
ご飯を中心とした和食などと一緒に飲んで頂けると、特に実感していただけるのではと思います。
もちろん食事時だけでなくて、喉が渇いた時にもスッキリと飲んでいただけるお茶ですし、ちょっと疲れた時などに、ゴクッと飲んでリラックスしていただけるお茶かなと思っています。

【清涼感のある「喉ごしの香り」】
現在のラベルには「香り高く、まろやか」と書かせていただいております通り、このお茶では飲んだ時の香りと喉ごしに特にこだわっています。
鼻を近づけてかぐ香りというのもありますが、お茶の香りというのは本当は、ごくっと飲み込んだあとに口の中に戻ってきて広がる「喉ごしの香り」と思っています。
この感覚は日本ならではの味覚に対する繊細さの現れだと思っています。
伊藤園がお茶の葉からこだわって作っているのも、この「喉ごしの香り」のためでもあります。
こうしたふわーっと戻ってくる香り、飲み込んだ後にスッと流れていく喉越しの良さ。
この部分を大切にしたいと思いながら、「喉ごしの香り」の良い、お茶を作っています。

【コクと渋みで高い人気の「濃い茶」】
近年特に伸びている「濃い茶」ですが、こちらのパッケージには「茶葉(ちゃよう)たっぷり、カテキン2倍」と書いております。
「濃い茶」の500mlペットボトルで420ミリグラム、通常のお茶と比べて2倍のカテキンが入っています。
カテキンは様々な健康効果が研究されている「体にいい成分」として知られていますが、この「濃い茶」は特に朝に飲んでいただきたいお茶なんです。
「朝茶、福が増す」という古くからの言葉がありまして、その他にもお茶には朝にまつわる格言などが多くあります。
例えば「朝茶は七里戻っても飲め」という言葉もあります。
家を出た後にお茶を飲んでいないことに気付いたら、七里戻ってでも飲め、ということわざですが、それほどに、昔から日本では朝のお茶を大切にしていました。

【朝のお茶は1日に大切な一杯】
朝は渋めのお茶を飲んで体を目覚めさせることと、カテキンをたっぷり摂って一日を元気に過ごしてもらいたい。
特に「濃い茶」の飲まれる時間帯が朝に多いとの回答もいただいておりますし、お茶の渋みと爽やかな風味で、口の中からサッパリとするので目も覚めるのではないかと考えています。
日本で昔から伝えられてきた朝茶の習慣は、とても理に適っているものなのです。
そこで、「濃い茶」では厳選したお茶の葉をたっぷりと使い、かき混ぜずにじわーっと染み出してくる渋みと旨みを抽出して、雑味を極力出さずに作ることで、カテキンの渋みとテアニンの旨みでシャッキリと口の中がサッパリとするようなお茶として作っています。
現在放映されているCMでも、市川海老蔵さんに「朝茶、福が増す」と伝えて頂き、朝に飲むお茶として認知されるように作らせていただいています。

【サッパリとした後味が女性に人気のほうじ茶】
緑茶飲料は主に男性に多く飲まれているカテゴリの飲料なのですが、その市場の中でも女性に多く支持されているのがこの「ほうじ茶」です。
市場データを分析したところ、購入者の約48%が女性という「ほうじ茶」は、「リラックスする香り」をポイントに作っているのですが、実際に飲まれている女性からは「サッパリとした後味の良さ」で選ばれている結果が出ています。
元々ほうじ茶は、番茶と言われる秋に採れる固くなった葉を焙じ(ほうじ)て香ばしくして飲むお茶ですが、傾向としては香ばしいけれど後味は少し強い飲み物です。

【非常識でもこだわった、一番茶仕立てのほうじ茶】
そこで、よりサッパリとした後味と優しい香りを実現するため、通常では考えられない「一番茶」を100%使ってほうじ茶を作っています。
一般的に低品質のお茶の葉を飲むためのほうじ茶を一番茶で作る。
この方法こそが、心地良い、やさしい後味が残すための研究を積み重ねた結果として、最も最適だったのです。
このこだわりがあってこそ、伊藤園の「ほうじ茶」は女性の方々を中心にご支持いただいているんじゃないかな、と考えています。
実は、昨年1年間で最も販売の伸びた商品がこの「ほうじ茶」で、女性の社会進出が活発な今の時代、ペットボトルを持ち歩いて飲まれるシーンがどんどん増えると言われている中で、「ほうじ茶」が伸びていることを考えると、これからもより多くの女性を中心としたお客様にご支持をいただける商品に育っていくのではないかと思っています。

【宇治抹茶の入った上質な味わいのお茶】
今、一番力を入れていこう考えているのが、この「宇治抹茶入り お~いお茶」です。
このお茶の主な購入層は、実は普段お茶飲料をあまり飲まれなかった20~30代の方々なんです。
このお茶をご支持いただいている理由を伺いましたところ、緑茶飲料というカテゴリとして飲んでいるというよりは、「抹茶」が入っていることに対して魅力を感じていることがわかりました。
「抹茶が多く入っていてお得感がある」と言うご意見を元に、20~30代の方々が感じている「ほのかな甘み」「ほろ苦さ」の絶妙ならバランスという、抹茶のイメージを大切にし、新しいお客様に緑茶飲料を飲んでいただくきっかけになることを期待して、今特に注力している商品です。

【希少な京都宇治抹茶を贅沢に使った高級感のあるお茶】
京都宇治抹茶のお茶の葉も希少性の高いものですが、契約農家との協力により、京都の宇治南山城にお抹茶の加工工場を建て、「お~いお茶」のためのお抹茶作りを始めました。
お抹茶は取り扱いが難しく、品質の維持も手間のかかりますが、お茶の葉っぱから選定を始め、旨みとともに適度にほろ苦さの残るお抹茶のために、研究と試行を重ねた末に生まれた、いわば現代のお茶屋としての集大成のものです。
是非とも他のお茶と飲み比べて頂き、旨みとほろ苦みが調和した味わいを楽しんで頂けますと幸いです。
また、グラスに注いでその綺麗な緑色も楽しんでいただければと思います。
「宇治抹茶入り お~いお茶」は、若い方々にご支持を頂いているということと、もう一つ、午後のひとときのやすらぎの時間にも飲んでいただきたいお茶です。
お茶は昔から、縁側などでちょっと一服して会話を弾ませたり、気持ちを整えたりするような飲み方をされていますが、このお茶はそういった時に最適なお茶だと思っています。
少し甘みもあるので、ほっこりと味わっていただければ、そういった思いも込めて作っております。

【昔ながらのお茶の文化と共に緑茶を楽しむ】
「宇治抹茶入り お~いお茶」で、抹茶入りのお茶という世界が、今まで緑茶を飲まれていた方、飲まれていなかった方、さらには海外の方々にもご支持を頂いていることを感じておりますので、今後も徹底的に強化を図ってまいりたいと思います。
さらに、春には桜のパッケージ、秋頃には楓、と季節に合わせたデザインに変わっていきます。春の桜は枝垂れ桜、これは京都の宇治抹茶を使っていますので、京都府の花でもある枝垂れ桜をデザインさせていただきました。
また、秋の楓についても京都の景色の一部分を切り取る形で採用しております。

【新たな取り組みの水出し緑茶】
少し先の6月13日からのご案内になりますが、氷水出しの「宇治抹茶入り お~いお茶」を展開させていただきます。
「氷水出し」のお茶は、京都のお茶処では知られている飲み方ですが沸かしたお湯を使わずに、氷や水でお茶を出す方法です。
こうすることで雑味があまり出ない、とてもまろやかな心地の良い味わいになり、余分な雑味がありませんので、より旨みがはっきりと感じられます。
氷水出しの緑茶をペットボトルのお茶として販売するのは、おそらく日本初です。同時に放映されるテレビCMでは、急須の中で氷と水だけでお茶を出している様子をご説明する予定です。
これに合わせて、氷と水だけで出した、ガラス瓶入りの玉露も発売いたします。いろいろな場所で、「氷と水で飲むお茶ってあるんだ」「そんなお茶があるなら飲んでみたいね」、などみなさまにご興味を持っていただけるような働き掛けをしていきたいと思っています。

【一年の四季に合わせた美味しいお茶をご提案します】
さらに秋にはもみじのパッケージと共に、蔵で寝かせたお茶の葉で入れたお茶も発売します。
お茶の業界では慣例となっていることですが、摘みたてではなく、ひと夏寝かせてから飲むお茶の方が、青々しさも取れ、旨みが凝縮されて美味しいんです。
春の新茶を壺に詰めて寝かせ、秋に封切りして飲む、昔ながらの風習に倣った、秋のお抹茶の楽しみ方を提案させていただく予定です。
テレビCMも合わせて、一年を通して緑茶を楽しむ。
この商品を通じて、現代のお茶の飲み方を提案していきたいと思っています。
「ほうじ茶」や「濃い茶」のように、みなさまのお好みに合わせたお茶もさらに品質を高め、商品開発をしてまりいたいと思っています。